修繕積立金のイロイロ

分譲マンションを所有する際にはいくつか毎月かかる費用があります。(ランニングコストと呼んだりします)

 

代表的なものは駐車場代、管理費、修繕積立金ですね。

 

駐車場代はその名の通り、もし車を持たないなら必要はありません。

 

管理費は管理人さんや管理会社への報酬や実費として使われます。

 

修繕積立金は建物の塗り替え、機械式駐車場やエレベーター等の機器の維持管理など

 

10〜15年に1度行われる大規模修繕のために積み立てられるものです。

 

 

今回はこの修繕積立金について。

 

毎月支払う修繕積立金ですが、大規模修繕の際に積立金が不足している場合などに

 

追加で徴収する場合があります。これを修繕積立一時金と呼びます。

 

これの仲間で修繕積立基金というものもあります。

 

 

修繕積立基金は新築時に購入される方から集める一時金のことです。

 

大規模修繕に向けて毎月支払うのに、大規模修繕はまだ先なのになぜ新築時に集めるのでしょうか?

 

 

きっかけは阪神淡路大震災だそうです。

 

それ以前には、このような一時金を集めることはなく毎月の積立金で将来の大規模修繕に備えていました。

 

しかし、突然の地震で新築、築浅のマンションも大きなダメージを受け修繕する必要が出てきました。

 

まだ、建てて数年のマンションには修繕に必要な多額の費用をカバーできるほどの積立金がたまっていませんでした。

 

このころから新築のマンションはもしもに備えてあらかじめある程度の金額を準備するようになりました。

 

それが修繕積立基金なのです。

 

修繕積立金、修繕積立一時金(修繕積立基金)どれもバカにならない金額ですね。

 

それでもこのようないきさつも知っておくと安く感じるわけではないですが、

 

少しでも必要なお金なんだと感じることができるかもしれませんね。